10000HIT突破! そして、「別に倒してしまってもいいのだろう?」

HPのカウンタ数が10000を越えました。
開設してから2年半。
一時、1日50ぐらいが続いたので、1万ぐらい余裕じゃん
とか思ってた時期もあったのですが、
今の10前後に落ち着いて、身の程を知ったりしたもので、

あれ、でも待てよ?
シーサのメンバーは日曜しかブログが更新してないの知ってるわけだし、
おいらは毎日覗いてるけど、まあ、メンバーも半分ぐらいとしたら、
週にのべ30~40人は訪れてきてくれているわけで。

それが安定してきてるってことは、
ありがたいことにそれくらいのお馴染みユーザーさんが
ついてくれるサークルにはなったってこって。

これは大変ありがたいことですね。
まことに恐縮にて、ござそうろう。


って、言っておきながら、次は放言を吐く。
基本的に、頭がおかしい人なので、若干スルー目でお読みください。

びびくろ氏と、タイプムーンフェスに行ってきました。
まあ、そっちの内容は自分のブログ(楚材晋用)で書くとして。

見終わって、ふと漏らす感想。

「ねぇ、びびくろさん。どうやったら、あれ(タイプムーン様)に勝てるかな?」

古今の人気声優と、
TM好きなら、たまるか! 的なアーティスト陣を味わった直後に放たれる大放言。

思い起こされるのは、
タイプムーンの代表作「フェイト/ステイナイト」の1シーン。

士郎がイリヤに捕まって、セイバーと凛が冬の城に助けに行く。
脱出する直前にバーサーカーに見つかり、
凛は、アーチャーを捨て駒にして、
「あなた、バーサーカーを足止めしなさい」と命令する。

この時点で、バーサーカーは最強で(1週目のルートでもあるので)
それは、明らかに無謀な命令なのですが、
そこでアーチャーはこう答えます。

「しかし、凛。別に倒してしまってもいいのだろう? あれを」

と。
そんなその場にいる全員が凍りつくようなセリフを吐いているような気分。
(5年以上前のプレイなので、多少の記憶違いはあります)

マイペースでしかやらない人だけど。
っていうか、できないことを「やりましょう」って安請け合いするの嫌いなので。

でも、とりあえず、あと8年で昨日見たところまで行かないといけなくなりました。
おいら、涙目。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

十三妹 

Author:十三妹 
同人ゲーム制作サークル
「十三妹」活動日誌です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧