歴史3 田予

3回目なので、そろそろ有名どころの三国志からと思いましたが、
書こうと思った「田予」があんまり有名ではなかった(笑)

書くにあたって、光栄さんの三国志の11ステータスを見ました。
オール70ー80ぐらい。

私の評価はこれより上ですが、
登場すらしなかったバージョンを考えると大躍進です。


田予という方の特殊性は、
曹操と劉備の両方に仕えたことがあり、
黄巾の乱から五丈原の20年後まで生きたことです。

同じような武将をピックしてみましょう。

徐庶
劉備の配下として登場するも、曹操陣営に入ると陰を潜める。

廖化
黄巾の乱~蜀滅亡まで現役であるが、大軍を率いることはなかった。

張郃
黄巾の乱~袁紹ー曹操と仕え、諸葛亮の北伐で戦死。
戦死した時点で、もっとも経験のある将軍とされていた。

というのを踏まえて。


田予

黄巾の乱~劉備ー公孫賛ー曹操と仕える。

・曹操時代(三国成立期)
曹彰(曹操の子)の北伐の実質的な指揮を執る。
南陽太守になり、(三国の勢力が入り乱れる地域
他国に同調する勢力を未然に鎮圧した。

曹丕政権下
故郷である北方に戻り、遊牧系異民族を分断させ、
巨大勢力を作らせず、倂州、幽州といった地域を安定させた。

中でも、反乱を起こした烏桓の長である骨進を、
百騎ばかりの兵で訪問し、問答無用で斬り、
武を重んじる騎馬民族に尊敬を得ました。

曹叡政権下
遼東の公孫淵が反乱(司馬懿の征討より前)の将となる。
呉が派遣した海からの援軍を、他将が予期せぬ位置で迎撃し、
不意を突かれた呉軍は全滅する。

しかし、殲滅を優先し、公孫淵への支援物資の略奪を
許さなかったことから、同格であった属将から
讒言され、曹叡の信任を得られなかった。

曹叡は明君でしたが、数少ない失策の1つと言われています。
(一部の名臣からは、張郃に匹敵する将として、田予が挙げられた)

司馬懿が魏を把握した頃、衛尉(高官位)に任命されましたが、
高齢であることで固辞し、慎ましい生活の中、
254年に死去しました。

254年は、司馬師が政権を把握し、魏皇帝は廃位され、
翌年、魏の臣下である母丘倹の乱が起き、司馬師に鎮圧されます。


田予という人物が知られていないのは、
三国志演義に1行しか登場しないためです。

しかし、前漢~(三国時代)~晋の間は、
北から来る騎馬民族との戦いが最も重要でした。

実際に晋の後、千年間(明が成立するまで)
中国の先進的な地域は騎馬民族の支配下に置かれます。
彼は半世紀に渡って、その地を安定させました。

騎馬民族との国境付近の出自である田予が、
騎兵との戦いに長けていたのは想像できますが、

南方にも転戦して、勝利を収めているところが、
彼の将としての優秀さを表しています。


それから、田予という方の優れているのは、
他者を讒言しないところです。

曹操に会った際に、かつての主君である
公孫賛や劉備を悪く言いませんでした。(劉備はこの時、曹操の敵)

それは彼を登用しなかった曹叡どころか、
曹叡に讒言した程喜という人物にもです。

讒言ではありませんが、曹彰に関しては、
北伐における田予の功績は、曹彰のものになってもです。

それはおそらく景初年間(曹叡の時代)において、
最も優れた将であった彼が持っていた優れた資質であり、

50年という現役の中で、
それを継続させたことなのだと思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

十三妹 

Author:十三妹 
同人ゲーム制作サークル
「十三妹」活動日誌です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧