歴史6 大久保一族(三河物語)

サークル「十三妹」は、コミックマーケット90で
「日曜日 西地区"c"53a」に配置されました!

※現在、週前半(月~水)で趣味のこと。
 週後半(金~日)で制作のことを書いております。

というわけで、今ぎりぎりの時間に書いております。


真田丸景気と、
みなさんが知ってるところを書いておこうかと思いまして、
徳川家の辺りをしばらく連作で。
(それ終わった頃、ちょうどコミケでしばらく休みかな?)

徳川家康の軍事的に支えた功臣は、
酒井忠次か、本多忠勝が有名だと思いますが、

実質的に、徳川のナンバー2だったのは、
大久保忠世と中心とした大久保一族でした。


今川から独立後の家康の最初の困難は、
三河一向一揆でした。

当時の徳川家は、西三河7氏族の筆頭という位置で、
戸田氏以外が従って、これから東側へ侵攻という時期に、
後に譜代大名となる家臣たちが離反しました。

(その中には、本多正信もいて、一揆後も一向宗側に
逃亡することになりますが、
それが逆に三河のしがらみから外れることになったのと、
一向宗の衆議制を勉強する機会になったのかもしれません)

その中、大久保一族は全部家康側についたため、
徳川での影響力が強かったかに思えます。


それは天正壬午の乱の頃には、(織田信長死後の甲信越の争乱)
家康本軍とは別に軍を動かすようになったいました。

その1つが第1次上田合戦です。
(徳川が真田の上田城を攻めて敗北した戦い)

総大将 鳥居元忠(家康の直臣、総大将)
    大久保忠世(信州の重要拠点 小諸城常駐)
    平岩親吉(甲斐を掌握)

3人とも、甲信に関して重要な拠点を任されていて、
それぞれ適切な人事です。

ただ、この後の小田原の役から、少し事情が変わってきます。

家康の関東移封の際に、大久保一族が与えられたのは、
小田原一帯でした。(秀吉の指示もあり)

後北条氏が、そこから関東を平定したことを考えると、
すごく厚遇されたように思えますが、

小田原の役に関する関東征伐のほとんどは戦いがなく、
小田原周辺だけが荒廃していました。

江戸に行った家康も、今とは考えつかないほど、
荒廃した武蔵野に投げ出されているので、お互い様ではあるのですが。


そして、忠世の嫡子、忠隣の代に関ヶ原の戦いが起きます。

忠隣は、秀忠が率いる中山道軍の主力で、
家康の本軍の方が兵数がありますが、外様を含めた軍なので、
徳川軍の主力部隊はこちらと言えます。

それで、また真田昌幸の上田城が立ちはだかります。
第2次上田合戦

非戦派の忠隣と、主戦派の本多正信で話が分れます。
(この辺は、ドラマでどちらが主人公に近いかで、
全く印象が違いますが、40年軍事に身を置いた
大久保忠隣が選択した非戦が正しかったように思います)

この辺は、真田丸で楽しんでいただいて。


組織が安定し始めた際に、軍事の重鎮が除かれるのは、
どこでも起きますが、この後の大久保氏の運命は暗転します。

上野高崎藩13万石(群馬)に移封を打診される。(断る)

忠隣、老中に就任するも、戦国時代のように独断的に振る舞い、
他の老中から非難される。(秀忠は、擁護したよう)

婚姻届の不備、キリシタン入信の嫌疑などから、改易。

配流地にて忠隣死亡。
大久保氏の大名返り咲きは、50年後、孫の代になってから。

他関連
 大久保長安の贈賄で嫌疑(同姓であるが、一族ではない)
 大久保氏と近かった安房里見氏も改易(私の故郷)


忠隣は、死ぬまで武人であったのだと思います。
さて、

とこういったことを忠隣の少し下の年齢である
忠世の弟、大久保忠教(大久保彦左衛門の名で有名)が、
三河物語という本を江戸初期に書いております。

排斥された大久保氏の書いた本なので、
徳川を痛烈批判している部分もあるのですが、
統治機構から外れた田舎の戦国史として面白い本です。

批判を良しとしなかった豊臣と、
それを許容した徳川と、
どちらが国の容として、優れていたのか考えさせられます。


新三河物語 
※著者の宮城谷昌光さんは、三河の出身です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

十三妹 

Author:十三妹 
同人ゲーム制作サークル
「十三妹」活動日誌です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧